Recent New More Stories

賃貸オフィスは買うより良い?メリットとデメリットを考えよう!

賃貸オフィスは買うより現金負担が小さいオフィスを用意するときにはオフィス用物件を購入するか、賃貸オフィスを利用するかで悩む場合があります。この際に賃貸オフィスを選ぶメリットとして最も大きいのは、オフィスを用意する際の現金負担が小さくて済むことです。オフィスを購入する場合には物件自体を買うための支払い…

ペット可物件は見た目以上の違いがある?ペット可になった理由を見極めよう

ペット飼育のために建設された物件は造りが違うペット飼育を前提としてオーナーが建築した賃貸物件は、最初からペット飼育に備えた防音対策が行われています。犬や猫といった鳴き声が発生するペットは、入居者同士の理解だけでなく建物そのものが防音設計となっている必要があります。入居者同士で騒音問題が発生しないよう…

新居造りに失敗したくない!注文住宅の間取りの決め方とは

自由度が高いことで悩みやすい間取り決め注文住宅は自分の理想を詰め込んだ家を建てることができますが、自由度が高いことで、どんな家にすればいいか悩む方も少なくありません。特に間取り決めの際は、家族構成や家事のしやすさを考えて決める必要もあります。どんな家にしたいか、自分たちの要望にも応えてくれる間取りに…

注文住宅で収納場所を決める時は?生活動線に合わせて決めていこう

生活動線を基準にして収納場所を決める注文住宅をは自由な設計ができるようになっていますが、間取りを設計したことのない人は、自由な設計に戸惑ってしまうこともあります。特に、物を片付ける場所として重要となる収納場所を決める方法について悩む方もいらっしゃいます。注文住宅の収納場所を決める時は、住み始めた時の…

理想の注文住宅を実現するには!?予算設計と施工会社選びがポイント

予算が多いほど理想に近づける高級な注文住宅を実現するには、予算を3,000万円以上に設定したいです。予算を増やせば増やすほど、妥協を減らせるのは間違いありません。狭すぎる住宅はストレスの原因となり、特に家族が増えたり、子どもが大きくなったりすると実感します。昔であれば狭小住宅に大家族で生活するのが普…

狭小住宅はメリットがある?2つの角度から考えてみよう!

狭小住宅は土地の選択肢が広い狭小住宅にすると土地の選択肢が広いのは共通するメリットです。住宅の占める面積が狭くて良いので、一般的な住宅を建てるのが難しい広さの土地も選択肢にできます。半端な大きさの土地が販売されていて、立地は良くても誰も手を出していないというケースはよくあります。狭小住宅なら上手く設…

収納設備を検討しよう!後から入れるのもあり?

注文住宅では収納設備の選択が肝心注文住宅を設計するときには収納設備を自由に入れ込むことができます。収納設備としてどのような種類のものを、どこにどんなサイズで入れるかはよく考えて決めるのが大切です。収納が十分にあれば使わない家電や衣類、消耗品などを整理しやすいでしょう。しかし、必要以上の収納を確保して…

賃貸物件を選ぶ際に見逃せない3つのポイントとは?

公共交通機関の利便性を考えること賃貸物件を選ぶ基準というのは、人それぞれのニーズや希望によって異なるものです。とはいえ、どのような人であっても、賃貸物件を選ぶ際に見逃すことのできない、大切なポイントがあるのも事実。例えば公共交通機関の利便性もその1つでしょう。特に普段から通勤やお買い物あるいは通院等…

どうやって選んでいるの?賃貸物件の選び方

通勤と通学にかかる時間賃貸物件を探す際に、まず重要となるものが通勤や通学にどれだけの時間や手間がかかるのかということです。どれだけ居住性の良い賃貸物件であっても、通勤や通学に長い時間がかかると、そもそも賃貸物件にいる時間が短くなってしまうので、あまり意味がありません。通勤や通学に時間をとられすぎると…

知っておこう!駅近物件のデメリットについて

家賃が高くなってしまう駅近物件はひとおりの施設がそろっており、何より移動手段のひとつである駅にすぐに行けるということもあって、昔も今も大人気の物件です。ところが一見メリットだらけのように見える駅近物件もよく調べてみるといくつかのデメリットがあることがわかります。駅近物件はメリットだけではなくデメリッ…