ここはしっかりと予算を割く!予算と削るべきではない設計部分


シンプルな家はコストダウンに

家造りの費用を、できる限りコストダウンをしたいと思うもので、そのためには、シンプルな家にすることがポイントです。シンプルな間取りや外観、設計にすれば、それだけコストダウンにつながります。しかし、いくらコストダウンしたかったとしても、削ってはならない設計というものがあります。その部分にはしっかりと予算を割くことが重要です。削るべきではない部分についてあらかじめ知っておくと、効率よく予算を割き、快適な家を造ることができるでしょう。

水回りはハウスメーカーに

予算を削るべきではない設計部分のひとつは、水回りの配管工事です。水回りだけを、家造りを依頼したハウスメーカー以外の地元のお得な業者に依頼する人がいますが、これは結構高くつく可能性があります。工事の途中で配管工事に別の業者が入ることになるので、ハウスメーカーと連携しなければならず、なかなかうまくいかないこともあります。スケジュールが滞り、結局高くついたり、設計の取違が発生することもあるので、しっかりと予算をかけるとよいでしょう。

防犯にもつながる外構工事

駐車場や門扉、柵などの外構部分は、場合によって百万円ほどの費用が掛かるので、削ってしまいたいと感じる人もいます。しかし、外構工事は防犯対策とプライバシー対策のために重要な存在です。最低限の外構工事はするべきでしょう。

安全性に重要な耐震構造

耐震構造、地震対策の工事は、地震が多い国である日本では欠かすことができない存在です。長く安心して暮らすためには、しっかりと予算を割くべき存在といえます。

外壁と断熱材は快適な生活に重要

外壁と断熱材は、将来を見越すならば予算をかけるべき部分です。外壁がしっかりしていないと、家の劣化が早まり、断熱材がなければ冷暖房費が高くついてしまいます。

3000万の家は、3人から5人程度の家族が生活をするうえで十分な設計が採用されており、多くのハウスメーカーで売れ行きの良い物件となっています。