注文住宅で土地探しをするなら、このポイントをチェック!


まず安全性の視点で!

まずどんな注文住宅を建てるにしても、安全で安心できる土地上にあることが、必要最低条件になります。そこで土地探しでは、地盤や地質をよく調べることが肝心です。地盤や地質が弱いと地震などの際に液状化したり、大雨で崖崩れが発生するなど、様々なリスクに直面しやすくなります。とはいえ、専門的な知識が必要になる分野でもあるため、該当する土地を扱う住宅メーカーや不動産業者によく相談すべきでしょう。

日常生活の利便性も重要!

注文住宅の完成後にその地域で暮らし続ける以上、日常生活が不便になることは避けたいものです。毎日の通勤や通学で鉄道を利用するのであれば、駅までの距離や道のりはチェックすべきでしょう。また周辺にコンビニやスーパーがないと、日々の食材を購入するのも苦労するかもしれません。あるいは気軽に通える歯科クリニックの他、急病の際には直ぐに受診できる病院があると助かります。このように土地探しでは、家が完成した後の日常生活の利便性まで、トータルに想定することが重要です。

子どもがいる家庭なら教育環境も!

注文住宅を検討している方の中には、育ち盛りのお子さんがいる家庭もあるはずです。そこで土地探しでは、地域周辺の教育環境までしっかりチェックすることが求められます。例えば家から学校までの距離や道のり、遊べる公園や受験時に通える塾、さらには教育上ふさわしくないお店や危険な河川または池の有無など、子どもの健やかな成長を考えた視点によって、土地を選ぶことが重要なポイントになります。

注文住宅の土地探しでは、まず地盤や地質を調べて、地盤沈下や崖崩れしにくいことを確認します。また周囲に高層マンションや森林等の有無も確認し、陽当りや風通しの良好な土地を選びます。