自由な住宅設計が可能!?好みを反映できるのが注文住宅


テレワーク仕様の部屋づくりにも対応

時代に合わせた住宅設計を実現できるのが注文住宅の強みです。近年はテレワークが普及しつつあり、自宅を仕事場とする人が増えています。建売住宅の場合はテレワークをする状況を想定した物件は非常に少ないです。建売住宅は少人数の趣味趣向に合わせたものではなく、大多数の人達から見た住みやすさを重視しているからです。

注文住宅ならばテレワークスペースを確保し、広々とした部屋で作業ができるように調整できます。防音性を高めていけば、WEB会議中の音声を周囲に聞かれるなどの問題を回避できるでしょう。特に深夜にWEB会議をするような状況になると、防音機能が大切なポイントになります。仕事に集中できる自分だけの空間をつくりたい人は、注文住宅を選択するメリットが大きいです。

狭小住宅でスペースを有効活用する

都市部に注文住宅を建てるケースは非常に多く、これはスペースを有効活用できるからです。土地のスペースが十分にない場合は、狭小住宅にして階数を増やすことで総スペースを多く確保できます。狭小住宅づくりでは、いかに快適性を高め、感覚的な広さを実現するかが重要です。

例えば、自宅のベッドをローベッドにするだけでも、解放感あふれる空間になります。家具・家電などにも共通しますが、高さが低ければ圧迫感を軽減できます。ローベッドは畳のような感覚で利用できるメリットがあり、気軽にくつろぎたいときに最適です。このように注文住宅づくりでは、建物以外の部分にもこだわりを反映させていくのがコツです。

都会と自然の両方を兼ね備えている千葉の注文住宅は、希望のライフスタイルに合わせた場所選びが重要です。利便性が良く都心までアクセスしやすい場所や、海や自然を満喫できるエリアなど地域ごとに特徴があります。