住みやすさを左右する!?収納スペースと住みやすさの関係


注文住宅における収納スペースの意味

収納スペースはモノを収納するための場所ですが、これが思いのほか暮らしやすさに直結します。収納スペースが十分にあれば、短時間で片付けができるのです。モノを探すときも探しやすく、それが快適性やストレス防止につながります。収納スペースが足りないと、掃除をするときに不便を実感させられます。床にモノが置かれているだけで、掃除機をかけるのが大変になります。

収納スペースにモノをしっかりと収納し、床にモノがない状態にしておけば、短時間で掃除を終えることが可能です。ロボット掃除機を使用する際にも、障害物がないので隅々まで綺麗にできます。注文住宅の設計をするときは、収納スペースの場所と容量、そして使い勝手をシミュレーションしておきましょう。

収納スペースの位置はどうするべきか

例えば、調理をするときに食品庫が遠すぎると不便に感じます。また収納スペースの位置が高いと、取り出すときに椅子が必要になるなどの問題が発生します。お子さんがいる家庭では、お子さんが使用することを想定した収納スペースの設置が大切です。

お子さんが背伸びして転倒したり、怪我をしたりすると困ります。収納スペースからモノを取り出すときは、椅子を使わなくて済むのがベストです。そのつど椅子を持ち運びするのは面倒ですし、椅子が増えると部屋が狭くなる問題もあります。住みやすい注文住宅づくりでは、細部までシミュレーションをすることが欠かせません。実際に生活している状況を頭のなかで連想してみると失敗を避けられます。

神奈川の注文住宅なら、デザインにこだわった家を建てることが可能です。外観から内装まで、デザイナーと二人三脚で設計できます。