家族で住むなら収納も広くする?寝室以外の収納をよく考えよう!


家族住まいでの収納の考え方

家族で暮らす住宅をデザインするときには収納の考え方を押さえておくのが大切です。基本的には寝室ごとに収納を用意して、衣類や寝具などは個々の部屋にしまえるようにするのが良いでしょう。実際に問題になるのはそれ以外の収納をどうするかです。家族で暮らす場合にはキッチンや洗面所、お風呂やトイレなどで使う器具や消耗品、掃除道具などを収納する場所が必要になります。また、皆で共有して使うものをどこにどのようにして置くかを決めることも重要です。体温計や薬などの医療用品や電池などのさまざまな用途で使える消耗品は共有することが多いでしょう。寝室以外の収納をよく考えて設計するのが家族で住むときには欠かせません。

収納は後から入れる分を考えよう

注文住宅を設計する段階でまず考えておきたいのが、作り付けの収納と後から入れる収納を分けて考えることです。寝室の衣類や寝具などはどのくらいの量になるかがわかりやすいので、必要な大きなの収納を作りつけにすると便利でしょう。しかし、キッチンの小物やリビングで使う娯楽用品のように、住んでいるうちに量が変化しやすいものもあります。このようなものの収納は大きめにして作り付けにすることもできますが、無駄なスペースができてしまう可能性もあるでしょう。そのため、最小限の容積の収納を作りつけにして、必要が生じたら棚などを買って設置するのが合理的です。その分のスペースだけ確保しておけば良いと考えると広すぎる収納が無駄になることがありません。

福岡の注文住宅選びで、まず注目したいポイントが、ライフスタイルに沿った土地探しです。通勤や買物の際に自家用車がおもな交通手段となる地域も多くあるのが福岡です。地域事情にも精通した企業にご相談ください。