リモートワークにおすすめ!仕事にも生活にも理想的な賃貸住宅とは


家賃など毎月の固定費が抑えられること

賃貸住宅で暮らすには、家賃や駐車場料金などの固定費を考えておく必要があります。それらの費用が生活を圧迫しないためには、少しでも安い物件を選ぶことが大切です。もし、家賃が同じくらいなら、住みたい地域を地方都市まで広げるとよいでしょう。リモートワークでの働き方が多くなったいま、通勤に費やす時間は重要課題ではなくなってきたからです。地方都市に目を向けることで、より広い空間の賃貸住宅と出会うことができます。

仕事のための独立した空間があること

在宅で仕事をするためには、仕事に集中できる独立した空間があることが望まれます。インターネットを使っての業務連絡は多くの企業が取り入れていますが、WEB会議での意見交換も一般的になったからです。もし、会議の途中で生活音が入ってきたり、家族の姿が画面に映ったりすると目も当てられません。WEB会議を行わないのなら、リビングのテーブルで仕事をする方法があります。しかし、食事のたびにパソコンや資料を片づけることになるため、面倒に感じることもでてきます。また、家族の距離が近すぎるので理想的な仕事空間とはいえないでしょう。

扉や窓の数や位置なども考慮しよう

在宅での仕事にともない、エアコンや冷暖房器具を使う機会が増えてきます。その結果、光熱費への反映は避けられません。もし、隣室との行き来ができる間取りなら、エアコンの風を隣室に送ることが可能です。風の通り道がつくりやすい間取りを選ぶことで、室内外の空気入れ替えに役立つかもしれません。このような理由もあり、賃貸住宅を探すときは扉や窓の数や位置なども考慮しましょう。

北見の賃貸住宅は家族世帯に適したアパート物件が増加しています。市内の住民が古いマイホームを処分し、新築の賃貸アパートに転居するケースが増えているためです。