土地と設計は密接に関係している?土地探しと設計


土地探しは様々な条件が

家造りをする際には、まず土地を探さなければなりません。土地を探す際の条件は、人によって様々です。通勤場所までの距離や子どもの学校までの距離、周辺の施設の種類などから選ぶ人もいれば、今後の街の発展などから選ぶ人もいるでしょう。それらも重要ですが、どのような設計をした家を建てるかの視点で土地を探すことも必要です。土地の状態によって、設計プランを変更しなければならないこともあります。

土地と建物の設計は同時に考える

土地探しと設計プランは、同時に行うとよいとされています。家造りの順序としては、土地を購入してから建築するとなりますが、土地と設計は密接に関わりあっています。土地を探して、購入し終えてから設計をすると、土地にあった設計しかできません。土地探しの結果によって家に対するこだわりをかなえることができないでしょう。そのため、土地探しと設計は同時に行うとよいです。設計の相談をしつつ、その設計に見合った土地の条件を教えてもらっても良いでしょう。

様々ある土地の種類を知る

土地と一口にいっても、建築も絡むと、その種類は様々あります。土地は平地できれいに成形されたものが良いと思う人が多いです。確かに、整った土地の方が設計しやすいです。整形地以外にも土地は様々あり、崖の近くにある土地や勾配が厳しい土地、土地の形が極端な土地などは変形地と呼ばれています。このほか、住宅の奥にある土地や条件付きの土地もあり、整形地よりも価格が安いことが多いです。そのような土地でも設計を工夫すれば、理想をかなえることは可能です。

土地は日当たりや間取りをイメージして

土地を探す際には、その土地で家を建てた際の間取りや日当たりを想像しながら探すとよいでしょう。生活を想像しながら探すと、理想をかなえやすくなります。

ハウスメーカーが手掛けていることが多いローコスト住宅は、一般的な相場より安い価格で販売されている家のことです。