賃貸オフィスは買うより良い?メリットとデメリットを考えよう!


賃貸オフィスは買うより現金負担が小さい

オフィスを用意するときにはオフィス用物件を購入するか、賃貸オフィスを利用するかで悩む場合があります。この際に賃貸オフィスを選ぶメリットとして最も大きいのは、オフィスを用意する際の現金負担が小さくて済むことです。オフィスを購入する場合には物件自体を買うための支払いをする必要があるため、莫大な資金が必要になります。賃貸オフィスの場合には賃料の前払いや礼金、敷金などの支払いだけで済むため、購入に比べると大幅に初期費用を抑えることが可能です。どちらの場合にも設備工事を入れなければならないのは同じなので、物件そのものにかかる現金負担が小さい賃貸オフィスは資金が少ないときにも選びやすいのがメリットでしょう。

賃貸オフィスは原状回復が問題になり得る

賃貸オフィスにはデメリットもあり、退去しようとしたときに原状回復をしなければならないのが問題になりがちです。購入したオフィス物件を売り払う場合には必ずしも原状回復をしなければならないわけではありません。今の姿のオフィス物件を買いたい人を募集して、候補者が見つかれば売却することができます。しかし、賃貸オフィスの場合には借りているだけなので、賃貸契約に基づいて原状回復を実施しなければ退去できません。入居時に実施した工事によって変更した部分も全て元に戻すのが原則です。原状回復工事の費用が莫大になってしまうだけでなく、オーナーとのトラブルにもなるリスクがあるのがデメリットとしてよく懸念されている点です。

中央区で賃貸オフィスとして入居者募集が行われる物件は、都内の主要駅の周辺に位置しているところや、築年数が比較的新しいところが目立ちます。