ペット可物件は見た目以上の違いがある?ペット可になった理由を見極めよう


ペット飼育のために建設された物件は造りが違う

ペット飼育を前提としてオーナーが建築した賃貸物件は、最初からペット飼育に備えた防音対策が行われています。犬や猫といった鳴き声が発生するペットは、入居者同士の理解だけでなく建物そのものが防音設計となっている必要があります。入居者同士で騒音問題が発生しないようにするために、専用設計が行われているからこそ飼育可能なペットに条件が付いているはずです。犬のみまたは猫のみといったペット可物件ごとに違いがあることは、飼育する前提となるペットの種類をオーナーが限定して設計依頼を行ったためです。

ペット共生住宅なら安心して暮らせる

ペット共生住宅と呼ばれるタイプの賃貸物件は、住民の大半がペットを飼育することを前提として建設された一定の基準を満たす賃貸住宅です。ペット用の共用足洗い場が用意され、住民同士がある程度交流を持てるようなスペースが用意されています。ペットを飼育している住人が住んでいることから、共用設備は住人同士の面識を持たせる効果を見込めるはずです。管理会社へトラブル相談が寄せられる前に日頃から面識を持たせることである程度自主的に解決を図る目的があります。

空室を埋めるためにペット可へ切り替わった物件もある

賃貸住宅の中でも注意する物件として、空室を埋めるためにペット可物件へ切り替わった築年数が古い賃貸物件が挙げられます。入居者の中にはペット飼育に反対している住人がいる可能性があり、経営判断によりオーナーがペット可物件へ切り替えていると管理会社への騒音クレームが出やすいです。また、ペットが出す騒音に対する防音措置が施されていないため、鳴き声が大きなペットの飼育は慎重に行う必要があります。

旭川の賃貸は、1LDKから2LDKを探す人が多いです。家賃の相場は、ワンルームで3万9000円程度で、1LDKで4万3000円、2LDKで4万5000円程度となっています。