新居造りに失敗したくない!注文住宅の間取りの決め方とは


自由度が高いことで悩みやすい間取り決め

注文住宅は自分の理想を詰め込んだ家を建てることができますが、自由度が高いことで、どんな家にすればいいか悩む方も少なくありません。特に間取り決めの際は、家族構成や家事のしやすさを考えて決める必要もあります。どんな家にしたいか、自分たちの要望にも応えてくれる間取りにしつつ、生活動線も確保している間取りを決めていくのは簡単ではありません。間取りを決める時には、生活の中でも重視される水回りから決めていくこともおすすめです。トイレやお風呂、キッチンなど、水回りの場所は一ヵ所に集中させておくことで、配管もまとまるようになるため、工事やメンテナンスを行いやすくなります。水回りは使用頻度も多いので、それぞれの部屋を近くに設置しておくことで、効率のいい生活動線をつくることができます。

優先するもので間取りを決めていこう

家の間取りは、家の機能性で何を重要とするかで決めていくこともできます。収納場所を優先したい場合は、キッチンにパントリーを設置したり、デッドスペースとなりやすい階段したに収納場所を設けた間取りにすることもできます。物は生活するうちに増えていくため、家の収納は余裕をもって用意しておきたい方は、ウォークインクローゼットを造っておくこともおすすめです。通気性を重視したいという方は、窓の配置を考えてから間取りを決めていきましょう。窓は基本的に、北と南、東と西というように、向かい合うような配置にすることで風通しをよくすることができます。通気性が確保されていれば、湿気が室内にこもることを防いでくれます。

歴史のある風光明媚な街で希望通りの家に住んでみたいと思いませんか。京都の注文住宅を選べばその夢がかないます。