注文住宅で収納場所を決める時は?生活動線に合わせて決めていこう


生活動線を基準にして収納場所を決める

注文住宅をは自由な設計ができるようになっていますが、間取りを設計したことのない人は、自由な設計に戸惑ってしまうこともあります。特に、物を片付ける場所として重要となる収納場所を決める方法について悩む方もいらっしゃいます。注文住宅の収納場所を決める時は、住み始めた時の生活動線を考えて収納場所の配置を行いましょう。使う頻度の多い部屋の周辺に収納場所を設けておくことで、移動の距離を短くさせることができ、部屋と部屋を行き来する手間もはぶくことができます。

収納場所を配置すると便利になる場所

人の出入りが多い玄関では、朝に出かける際や、帰ってきた時に荷物を片付けたり取り出したりする必要があります。靴だけでなく、コートやカバンなどが保管できるシューズクロークを設けておくことで、玄関で身支度を整えることができます。玄関先で忘れ物に気付いて部屋まで戻る必要もなくなるので、玄関で慌てる心配もありません。また、服の汚れを拭き取る掃除道具も揃えておくことで、玄関で服の汚れを落としておくことができるので、室内を汚さずにおけます。

また、広々とした空間で、収納だけでなく着替えもできるウォークインクローゼットがあれば、たっぷりの収納ができます。ウォークインクローゼットは廊下に造っておくことで通路として利用もできるので、部屋の中に収納を造らないことで、室内のスペースを確保しておくこともできます。それだけでなく、キッチンとお風呂場の間にウォークインクローゼットを配置しておくことで、着替えを部屋まで取りに行く手間をはぶけるというメリットもあります。

埼玉の注文住宅は、土地の価格が安いため広い敷地に建てることができます。敷地にゆとりを持った設計ができるだけでなく、間取りの自由度も上がるでしょう。