理想の注文住宅を実現するには!?予算設計と施工会社選びがポイント


予算が多いほど理想に近づける

高級な注文住宅を実現するには、予算を3,000万円以上に設定したいです。予算を増やせば増やすほど、妥協を減らせるのは間違いありません。狭すぎる住宅はストレスの原因となり、特に家族が増えたり、子どもが大きくなったりすると実感します。昔であれば狭小住宅に大家族で生活するのが普通でしたが、現在はプライバシーが重視される時代です。

プライバシーは大人・子どもを問わず重要なことなので、相応の広さの住宅が必要になります。予算を増やすことで水回りのランクアップも可能になり、例えば換気扇を高機能タイプにしたり、システムキッチンを導入したりできます。もちろん外観にこだわることは重要ですが、飽きない住宅を実現するならば住みやすさが一番大切です。

注文住宅づくりが得意かどうかが大事

すべての施工会社が注文住宅づくりを得意にしているわけではありません。建売住宅がメインの会社に注文住宅の建設を依頼しても、満足いく仕上がりにならない可能性があります。施工会社には得手不得手があるので、得意分野を確かめておくことは大切です。

一般的に変形地での住宅設計が多い施工会社は、高い技術を持っていると想定できます。こうした住宅は土地のスペースに余裕がないケースが多く、快適に過ごせるようにするには施工会社の工夫や技術がモノを言います。狭小住宅であれば3階建ては普通で、特に都心に注文住宅を建てたい方の選択肢として多いです。フルオーダーメイドを得意にしている施工会社であれば、時間をかけて丁寧な家づくりが得意です。

立地面を重視した上で、東京の注文住宅を選択する事ができます。最寄り駅からの距離を最優先して決める事も可能です。