収納設備を検討しよう!後から入れるのもあり?


注文住宅では収納設備の選択が肝心

注文住宅を設計するときには収納設備を自由に入れ込むことができます。収納設備としてどのような種類のものを、どこにどんなサイズで入れるかはよく考えて決めるのが大切です。収納が十分にあれば使わない家電や衣類、消耗品などを整理しやすいでしょう。しかし、必要以上の収納を確保してしまうと、部屋や廊下などに使えるスペースが減ってしまいます。吊り棚のように高いところに設置するものや、床下や階段下などのスペースを有効活用する設備もあります。設計の仕方によっては限られた空間を最大限に活用できる家に仕上がるので、発想力を豊かにして取り組むのが大切です。ただ、後から収納を入れることもできる点も念頭に置いておく必要があります。

後から入れるメリットとデメリット

タンスやクローゼットなどの収納設備を後から入れるのにはメリットもデメリットもあります。注文住宅を建てる時点でどのくらいの収納が必要かをイメージするのは難しい場合も多いでしょう。その際には最低限の収納設備だけ設計に盛り込んでおき、不足したら後から入れるというやり方をすると無駄な収納を作らずに済むでしょう。ただ、後から入れるには費用がかかるだけでなく、各部屋のスペースを減らすことになります。当初想定していなかった場所にタンスを置いたために窓が半分隠れてしまうというケースもあるので注意が必要です。後から入れる場合にも床下収納などをリフォームによって作ることもできます。ただ、リフォームにかかる工事期間が長くなる場合もあるのがデメリットでしょう。

横浜の注文住宅は人気のマイホームです。大都市横浜でも郊外には比較的割安の土地があり、注文住宅による理想の家づくりにぴったりだからです。