あとから後悔しないためには!?事前のシミュレーションを徹底しよう

家族構成における間取りの基本注文住宅はゼロからつくり上げるので、建売住宅と比べて家族構成に応じた間取りをイメージしにくい傾向があります。そこで一般的な指標とされるのがLDKで、家族が二人であれば1LDK~2LDKが指標とされることが多く、2LDKを選択しておけば大きな失敗は避けられます。三人家族であ…

ここはしっかりと予算を割く!予算と削るべきではない設計部分

シンプルな家はコストダウンに家造りの費用を、できる限りコストダウンをしたいと思うもので、そのためには、シンプルな家にすることがポイントです。シンプルな間取りや外観、設計にすれば、それだけコストダウンにつながります。しかし、いくらコストダウンしたかったとしても、削ってはならない設計というものがあります…

注文住宅で土地探しをするなら、このポイントをチェック!

まず安全性の視点で!まずどんな注文住宅を建てるにしても、安全で安心できる土地上にあることが、必要最低条件になります。そこで土地探しでは、地盤や地質をよく調べることが肝心です。地盤や地質が弱いと地震などの際に液状化したり、大雨で崖崩れが発生するなど、様々なリスクに直面しやすくなります。とはいえ、専門的…

自由な住宅設計が可能!?好みを反映できるのが注文住宅

テレワーク仕様の部屋づくりにも対応時代に合わせた住宅設計を実現できるのが注文住宅の強みです。近年はテレワークが普及しつつあり、自宅を仕事場とする人が増えています。建売住宅の場合はテレワークをする状況を想定した物件は非常に少ないです。建売住宅は少人数の趣味趣向に合わせたものではなく、大多数の人達から見…

住みやすさを左右する!?収納スペースと住みやすさの関係

注文住宅における収納スペースの意味収納スペースはモノを収納するための場所ですが、これが思いのほか暮らしやすさに直結します。収納スペースが十分にあれば、短時間で片付けができるのです。モノを探すときも探しやすく、それが快適性やストレス防止につながります。収納スペースが足りないと、掃除をするときに不便を実…

家族で住むなら収納も広くする?寝室以外の収納をよく考えよう!

家族住まいでの収納の考え方家族で暮らす住宅をデザインするときには収納の考え方を押さえておくのが大切です。基本的には寝室ごとに収納を用意して、衣類や寝具などは個々の部屋にしまえるようにするのが良いでしょう。実際に問題になるのはそれ以外の収納をどうするかです。家族で暮らす場合にはキッチンや洗面所、お風呂…

こんなにあるの!床暖房を賃貸設備として選ぶメリット

足元からゆっくりと暖められる近年、マンションなどの賃貸設備を探すにあたり、床暖房が賃貸設備として人気を集めています。この床暖房とは、部屋の床下に電熱線のヒーターを設置して床を温める仕組みです。足元からじっくりと暖められるので、寒い冬の時期でも快適に過ごせるのがメリットといえます。暖房器具としてエアコ…

リモートワークにおすすめ!仕事にも生活にも理想的な賃貸住宅とは

家賃など毎月の固定費が抑えられること賃貸住宅で暮らすには、家賃や駐車場料金などの固定費を考えておく必要があります。それらの費用が生活を圧迫しないためには、少しでも安い物件を選ぶことが大切です。もし、家賃が同じくらいなら、住みたい地域を地方都市まで広げるとよいでしょう。リモートワークでの働き方が多くな…

こだわり別!賃貸住宅を選ぶときのポイント

リーズナブルな家賃にこだわる場合家賃にはあまりお金をかけたくないと思っている方もいるでしょう。他にあまりこだわることがない場合は、駅から少し離れたエリアの物件や築年数が古い物件を探す方法があります。しかし、家にこだわりがないからといって適当に決めてしまうと後悔する可能性が高まるため、不動産サイトの情…

土地と設計は密接に関係している?土地探しと設計

土地探しは様々な条件が家造りをする際には、まず土地を探さなければなりません。土地を探す際の条件は、人によって様々です。通勤場所までの距離や子どもの学校までの距離、周辺の施設の種類などから選ぶ人もいれば、今後の街の発展などから選ぶ人もいるでしょう。それらも重要ですが、どのような設計をした家を建てるかの…